幸せはすぐそこにある。シンガーソングライター恩田RYUSUKE

ソウルフルフォークシンガーソングライター恩田RYUSUKEのブログです。 日々の感情・ライブ情報・日常・いろんなことを書いていきます!!

母校・郁文館文化祭ライブ 卒業からの10年間。MCで話した想い

恩田RYUSUKEです。

 

約10年前に卒業した母校郁文館にて審査員とゲストライブしてきました!!!!!

f:id:guitar335r:20181001134940j:plain

 

母校で歌えるなんて幸せだ。とても素晴らしい時間になった。

 

2018/9/29 郁文館・郁秋祭 地下体育館ライブ

1.DANDANDAN!!!

2.September

 

2曲を在校生と保護者の方にプレゼントしました。

 

DANDANDANは高校生たちと一緒にガンガン合唱できたし最高に面白かった。

(最後まで読むとSeptemberも見られるよ!!)

 

卒業してからの10年、何を感じて何を思ってきたのかをえらそーに話しました。

ざっくりここでも

 

人生のテーマ

自分を大切に自分らしく生きる。その上で周りの人、自分を幸せにする。

 

1,夢を諦めた

中高の夢はミュージシャン。なんなら大学生まで夢はミュージシャン。

f:id:guitar335r:20181001143056j:plain

 

その夢を口にしたからか、本当に色々いい経験をさせてもらった。

音燃え優勝や中野サンプラザでのライブ、avexでレコーディングやPV撮影など。。。

その後大学進学後は4年間バンド漬け。

 

ただ、夢を諦めたんだ。

理由はずっと心にあったもの

・出る杭になりたくない

・人に嫌われたくない

 

親、先生、友人、世間の目を気にしてずっと生きてきた。

人が怖くて怖くてたまらなかった。

(いじめにもあってさらに)自分を押し殺して、人を喜ばせればなんとかなる!!って思い、その生き方を決意した。

 

社会のレールから外れるなんてやばい!人目につかない生き方をしよう!

サラリーマンの道を決意。

 

生きる希望がなくなり、毎日お腹を壊しながら出勤。絶望の日々だった。

仕事に身は入らないし、仕事覚えられないし、飲み会断れないし、3重苦、4重苦で激太り、体調崩す。そしてやめた。

ガラスのハートは粉々だった。

f:id:guitar335r:20181001143248j:plain

 

 

2.模索する日々

その後も音楽は趣味でやれればいいから何か手に職つけようと、

通っていた整体院の先生に頼み込み弟子入り。

1年勉強し、1年後整体師として活動。

f:id:guitar335r:20181001143357j:plain

その間にも色々なビジネスやバイトをしてみるがどれも中途半端、しっくりこなかった。。。

借金も作るし、友達もいなくなったりしたし、本当にクズだと思った。

 

自分のクソさ加減に落ち込み、責めまくった。

 

そんな中 、自分と向き合う時間が増えた。出会いのキッカケもあり、自分の中にあった【歌】の道をもう一度目指すことにした。

 

3.今が一番幸せ

それまでは自分を押し殺して人を喜ばせようとしてきた

 

みんなが幸せになればいい。俺は後回し。って思ってた。

 

けど違った。身も心もボロボロになって行った。自分を裏切ることだけだった。

10年以上、そんな生き方をしてきた。

自分に優しくなかった。

 

どうせなら

自分を大切にして、自分の好きなことで人を喜ばせる生き方をしよう。

 

やっとそう思えた。

みんなが押し殺そうが、自分を大切にしようがどっちでもいいと思う。

それぞれの経験だから。

俺は10年以上かかった。

それでもこのステージにまた歌い手として戻ってくるのに必要な10年だったから。

たくさん辛いことや情けないことがあったけど、今が一番幸せ。

自分を大切にする選択をできてきたから。

 

最後に言いたいこと

1.自分を大切に自分らしく生きる。その上で周りの人、自分を幸せにする。

2.失敗は1つもない全部人生のスパイスだと自分の幸せを信じる。

 

金も名誉もないまだ何者にもなれていないけど、今が一番幸せ。

いろいろな苦しいこと(人間関係、勉強、恋愛、仕事)様々なことが怒るけど、

 

「これは人生のスパイスだ!!もっとよくなるんだ!!!」と自分を信じて進んでいってください。俺も一緒に進んでいきます。

 

・・・・なんてことを伝えた。

在校生も何か感じてくれたらいいな。

何より自分自身、改めてここまでの人生よかったと思えたしこれから先もっと幸せになるんだなとおもった。

 

最後に保護者の方が、

ご自身の子供のことでも悩んでいて、心に響いたって伝えにきてくれた。

嬉しかった。俺の人生で誰かを支えることはできているんだ。

 

なんだ、いるじゃん。時々必要とされていない感覚があるけど、いるじゃん。

この目の前の人からだよね。本当にありがとうございます。

 

改めて自分の生きる道をしっかり生きようと思いました!!

郁文館のみんな!ありがとおおおお!!

f:id:guitar335r:20181001145619j:plain